スリーエフ

空腹感を抑えるように処方された食欲抑制剤

「スリーエフ(3F)」は、食欲を抑えることができるダイエット処方薬です。他の薬とは異なり、「スプレータイプ」という大きな特徴を持っています。服用方法は、「舌にスプレーを放射する」という、いたってシンプルなものです。スリーエフは、満腹感を与えるセトロニンという成分を促す効果を持ちます。舌に放射すると、セロトニンがすぐ粘膜に吸収されるため、すぐに効果を実感することができます。天然由来成分を使用しているため、安全性も高いです。また、柑橘系の風味を楽しむことができ、口内を爽快にすることも可能です。

スリーエフの主成分
L-5-ヒドロキシトリプトファン

スリーエフのメリット

スリーエフと同じダイエット処方薬には、ゼニカル、サノレックスなど様々な種類があります。多くが錠剤タイプですが、スリーエフは唯一スプレータイプです。そのため、錠剤を飲むことが苦手な人でも楽に服用することが可能です。また、薬独特の苦さとは程遠い、柑橘系の風味で、味まで楽しむことができます。また、「副作用がない」という点もスリーエフのメリットのひとつです。後先のことを考えることなく、安心して服用することができます。

スリーエフの使用上の注意

スリーエフの服用は「1日5回3プッシュ」と決まっています。そのため、これ以上服用しないよう注意することが大切です。他の薬と併用して服用する場合や、妊娠中・授乳中の人、糖尿病の人が服用する場合は、医師から直接指導を受ける必要があります。そのため、美容外科で購入することをおすすめします。スリーエフを服用することで、満腹感を得られますが、油断は禁物で、脂分の多い食事などは控えるのが望ましいです。

スリーエフを使用された方の声

錠剤を飲むことができない私にピッタリだと思いました。
ゼニカルやサノレックスなどのダイエット処方薬にとても興味がありましたが、すべて錠剤タイプだったので、利用するのを諦めていました。そんなある日、インターネットで「スリーエフ」というスプレータイプのダイエット処方薬を知りました。「自分でも利用できる!」と思い、すぐに美容外科へ足を運び、処方してもらいました。利用してすぐに見た目に変化が現れ、数カ月後には理想の体型になっていました。スリーエフに出会えて本当に良かったです。
初めて「美味しい!」と感じた薬がスリーエフでした。
わたしの中で、薬は「苦い」・「マズい」というイメージでした。楽に痩せたいなー、と思っていると、「柑橘風味のダイエット処方薬!」というキャッチコピーで紹介されているスリーエフに出会いました。キャッチコピーが本当かどうか気になり、スリーエフを購入しました。実際に舌にスプレーしてみると、本当に柑橘系の風味が・・・!その美味しさに、いつの間にかわたしはスリーエフを服用するのが楽しみのひとつになっていました。

代表的なダイエット処方薬一覧

  • ゼニカル

    アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を持つ「ゼニカル」。

    詳しくはこちら

  • サノレックス

    ダイエット処方薬のひとつである「サノレックス」は、食欲抑制剤

    詳しくはこちら

  • スリーエフ

    「スリーエフ(3F)」は、食欲を抑えることができる

    詳しくはこちら

ご存じですか?今注目の「ハーブ注射」

「ハーブ注射」という施術をご存知ですか︖薬草が原料の薬液を痩せたい箇所に注入することで、脂肪細胞の燃焼を促進するという施術です。天然由来の薬液を注射するだけなので副作用や事故の心配が無いのが強みです。「とりあえず最初は安全に美容整形を受けたいという方」には、ハーブ注射を強くオススメします。

ハーブ注射について詳しく見る

安心安全♪東京で綺麗に痩せるならココ! 東京の美容外科を厳選

▲PageTop